気軽に使えて効果抜群!ヘアミストで日中の乾燥を徹底対策しよう

2021.03.12 ヘアケア
タグ

目次[閉じる]

一日のうち、ヘアケアを重視するタイミングはいつでしょうか?
お風呂のタイミングやヘアセット時など、ヘアケアは朝晩の時間帯に集中しがちです。
日中こそ髪に乾燥ダメージが蓄積するのですが、日中のヘアケアは時間がかけられません。

そんな時に最適なのがヘアミスト!
手軽に取り入れて万全の乾燥対策をしていきましょう。

髪の毛には日中のダメージが蓄積!

ヘアケアに時間をかけにくい日中ですが、髪はかなりダメージを受けています。
普段なにげなく過ごしている日常生活で傷んでしまうため、蓄積ダメージは無視できません。

紫外線や外気温は美髪の大敵

日中の乾燥ダメージの原因は、主に「紫外線」と「外環境」です。
紫外線のダメージは髪の内部に蓄積するため、目に見えないダメージで気が付きにくいのが特徴です。

紫外線を浴びると…
直射日光を浴びた髪にはお肌の日焼けと同じ変化が起こります。
日本人は黒髪なので比較的紫外線には強いのですが、紫外線ダメージが蓄積すると色素にも変化が現れます。

  • 表面のぱさつき
  • もろくなって枝毛や切れ毛ができる
  • 乾燥
  • 色が褪せてくすむ、ツヤがなくなる

外気温などの環境が変化すると…
冬の寒くて乾燥した空気、梅雨時のジメジメした湿気など、外環境の変化は避けられません。

  • 乾燥してキューティクルが開く
  • 乾燥していればいるほど湿気で髪がうねりやすくなる
  • 衣類の摩擦で簡単に切れたりもつれたりする

お肌には日焼け止めを塗りますが、髪はノーマークなことが多いですよね。髪も紫外線で日焼けをしているのです。

空調による乾燥

ずっと室内にいる方も要注意!一定に保たれた空調は心地よいものの、髪や肌の乾燥は避けて通れません。
特に風があたる状態はどんどん乾燥が進むので、環境から見直してみるのも手です(加湿、吹き出し口の位置を変える)。

とはいえ、自分ひとりなら空調を調節できても、職場で風向きや温度を変えるのはなかなか難しいものです。
お手洗いのタイミングや休憩時間などに髪や肌に直接保湿成分を届けるのが現実的でしょう。

「気が付かない繰り返し」がいちばんのダメージに…

紫外線や外気温、空調のダメージは本来なら目に見えないダメージです。
パーマやカラーなどで髪が傷むと目に見えて分かりやすいのですが、見えないダメージは蓄積するのが怖いところ。
髪に元気がないことに気が付いた段階で、既にかなりのダメージが髪内部に蓄積しています。
一度くらいなら耐えられるダメージでも、毎日紫外線や空調に繰り返しさらされると、髪表面のキューティクルが剥がれ落ちて防御力が低下します。

夜までの長い時間ヘアケアをせずに放置すると、体や衣服の摩擦で枝毛や切れ毛が増えてしまいます。
日中の乾燥対策を取り入れてダメージ蓄積の悪循環を断ち切りましょう。

日中ダメージから髪を守る方法


トリートメントを気軽に行えない日中でも、ヘアケアアイテムを駆使して潤いを補給するのが大切です。
意識的にヘアケアの時間を作って対策をしましょう。

ヘアケアはどうしても夜に集中しがち

インバストリートメントで髪を整え、アウトバストリートメントで水分を閉じ込める…。
時間をかけてケアできるのはどうしても夜間です。
ほとんどのトリートメントは髪全体に塗布するので、人目を気にせず手入れできるのはやっぱり夜。

日中はヘアスタイルを直すことはあっても、潤いを補給するといったヘアケアを意識していない方がほとんどではないでしょうか?
まずは日中にヘアケアをするという意識をもち、タイミングを作ることから始めましょう。

スタイリングやお直しをヘアケアの時間にしよう!

日中でも髪に触るタイミングはあります。スタイリングしなおすとき、お化粧室で鏡を見て髪を少しお直しするときなどです。
このときにヘアケア効果が高いアイテムを投入するだけで、気軽に乾燥対策ができてしまいます。

持ち運びしやすいもの、髪の質感を整えるものなどを利用して、お直しと同時にヘアケアをしていきましょう。

このときぜひ役立ててほしいのがスプレータイプのヘアミスト。
髪全体にシュッとひとふきするだけで潤い補給が実現します。
ヘアミストは日中こそこまめに使ってほしい救世主アイテムなのです。

ヘアスタイルを直すだけでなく、ちょっとしたトリートメントも同時に行うクセをつけましょう。

おすすめ日中ヘアケアアイテム3選

日中に使うアイテムは「時短」、「多機能」、「持ち運びに便利」なことが条件となります。
おすすめの日中ヘアケアアイテムは以下になります。

水分補給ができるミスト、スプレータイプ

水分補給に最も適したヘアケアアイテムは何といってもミストタイプです。髪に広くスプレーすることで、素早く均一に保湿することができます。
時間がかけられない日中でもぴったりですね。
水分補給の他、ハリやコシを出して髪をサラサラにしたり、静電気を予防したりする効果もあります。

油分を与えなければ水分が蒸発してしまいますが、適度な油分を配合したオイルインミストを選べば心配無用です。
一般的に「スプレー」よりも「ミスト」タイプの方がきめ細かく、霧のように広がって着け心地が軽いでしょう。

ヘアミストは多機能性を備えたものが多いのも特徴です。
クエン酸などを配合したものなら、アルカリ性に傾いた髪を健康的な弱酸性の環境にすることができます。
髪に自然な香りをまとうことで精神的にリラックスでき、イヤなにおいをカットする効果も期待できます。
天然由来成分のアイテムなら髪だけでなく顔にも安心して使えるため、広くスプレーすれば全体的な保湿ができてとても便利ですよ。

保湿効果の高いスタイリング剤

もしワックスやムースなどスタイリング剤でお直しする方なら、ヘアセット力だけでなく保湿効果も高いものを選びましょう。
適度な油分を含んだものなら髪にツヤを与え、紫外線からも髪を守ってくれます。

ただし、スタイリング剤で補えるのは主に油分。水分を補給してからヘアセットした方が保湿効果は高まります。
おすすめはヘアミストなどで一度髪全体に水分を与えてから、部分的にスタイリング剤を重ねる方法です。

物理的な紫外線カットも効果あり

さらに髪の乾燥を防ぐなら、物理的な紫外線カットをしましょう。
外を歩くときは帽子をかぶる、必ず日傘をさすなどが効果的です。

また、油分は熱による乾燥に強いという特徴があります。
普段使用するヘアミストにオイルインタイプを選び、直射日光が強いときは外出前にシュッとひとふき!髪の日焼けダメージを軽減することが期待できます。

まとめ

髪の乾燥は日中もこまめな保湿をすることでかなり改善されます。
日中もヘアケアを忘れず、意識的にタイミングを作りましょう。
ケアアイテムを使って長時間パウダールームを占領することは避けたいですが、ヘアミストなら時短保湿が可能です。
朝の寝ぐせ直しやブロー直前でしかヘアミスト使っていない方も、ぜひ日中のヘアケアに取り入れてみて下さいね。

商品画像
ブランド Larét ラーレ Larét ラーレ Larét ラーレ
商品名 オーガニックバーム フレッシュローズの香り オーガニックミストオレンジジャスミンの香り オーガニッククリーム スリープラベンダーの香り
特徴 朝のスタイリングに!うるっと水光ツヤとニュアンス束感自由自在 日中の乾燥対策に!なめらかしっとりなのにサラッとまとまる 寝る前のヘアケアに!毛先まで潤い、ナチュラル美髪
タイプ ヘアワックス ヘア&スキンミストローション 洗い流さないトリートメント&ハンドクリーム
内容量 30g 80mL 70g
販売価格 1,980円(税抜) 1,980円(税抜) 1,980円(税抜)
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る